数字


「数」って、とっても面白くて興味が尽きません。

一年以上前にもブログに書きましたが、

   (→リンク、いくつか、「数」に関するブログがありますよ。 


いま、数学エッセイを読んでいて、とっても触発されています。

「フィボナッチ数」が興味深い。

1 1 2 3 5 8 13 21 ・・・・・・・・

最初の二つを除いて、連続する数の一つ一つが

前の二つの数の合計になる。

実は、この数列は、1/998999 にも出現するんです。

1/998999=0.000001001002003005008013021・・・

すっごく、神秘的ですよね。

でも、気が付くことがあるんです。

なんで神秘を感じるの?

それは、整数で表記され、理解されているからでしょう?

整数で表記されているんですよね。

自然対数の底も、円周率πも、どこまでも「整数」で追いかけている。

そこに、人間の理論と感覚が入っているんでしょうね。

つまり?  だから?

「整数を見ること」によって、人知を超えた理解が得られるんだと思います。

虚数まで行くと、少し景色は変わりますが・・・、

「不思議の世界」の大部分は、整数で表記されてますよね。

ぼくの拙い理解ですけれども・・・。



おそらく、「宇宙」は数字で説明あるいは記載できるでしょう。

「哲学」以上に「哲学的」ですよ。


・・・少し疑問があるのは、

人の「心」を記述できますか?

たぶん、ぼくが思いつくくらいだから、結論は出てるんでしょうね。




★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック