雪の唐松岳ピストン


今季から雪山を始め、山の世界は大きく広がりました。

北横岳にはじまり、

縞枯山、

厳冬期の硫黄岳(夏沢鉱泉経由と赤岳鉱泉経由)に二回登頂。

そして3月28日(土)に、

今季最後の雪山のつもりで、八方尾根を唐松岳へ。

29日に登頂予定でしたが、どうも天気が良くなさそうなので

急遽、一日早めました。

前日の27日休暇を取って、

あずさ3号に船橋駅で乗車、白馬駅下車は11:28 。

昼過ぎに「八方池山荘」に到着し、その日は様子見と足慣らしです。

白馬三山が一望です。

画像


八方尾根は、登るにつれて

五竜岳、鹿島槍ヶ岳、白馬三山、不帰の嶮の威容が

目を上げるたびに増してくる圧巻のルートです。

この日の夜は、八方池山荘に泊まったのですが、

夕飯が素晴らしかった。

創られた方に感謝したい。

画像




翌朝5時過ぎに山荘を出発しました。

もうすでに薄っすらと仄明るく、夜明けも間近です。

この時間歩くのは素晴らしい。

画像


画像


一歩一歩「確かな足取り」を意識して高度を稼ぎ、

画像


雪に埋もれた唐松岳頂上山荘に到着した時には

「ここまで来たか!」と思いました。

(君笑うことなかれ!)

画像


最後の登りは、「ウイニング・アプローチ」です。

画像


唐松岳頂上です。

10時前でした。

画像


画像



この季節にしてはと思うんですが、

ほぼ汗もかかず登頂できたことは大きな自信になりました。

登る前は心折れそうな自分もいました。

何故だかわかりません。

感傷的で弱いだけかもしれません。

でも、雪山に向かえばすべてが吹っ飛びます。


ぼくには忘れえぬ雪山となりました。


☆★☆☆☆★☆☆☆★☆☆☆★☆☆☆★☆☆☆★



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント