テーマ:山歩き

ウェブリブログ 改善されている!!

蝶ケ岳から、 ペルセウス座流星群の夜。 天の川と穂高連峰。 夜明けの雲海 約半年ぶりにウェブリブログを使うと、 画像の貼り付け機能が(ごく普通になって)改善されている。 これでまた、ブログを使う気になれるか!? ☆★☆☆☆★☆☆☆★☆☆☆★☆☆☆★☆☆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブログどうしようかな?

久々のブログです。 このところ、ずっとFBに行ってました。 相変わらず、お山には登っています。 蓼科山です。 画像の向きが変わるのが厄介ですが、 蓼科山から眺める北横岳です。 ブログにはそれなりの思い入れと利用法がありますので、 非公開にして、 利用し続けようかな???…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高尾山、「お花観察」逍遥

すこ~し遅めですが、再び、 「春を見つけに」 高尾山を歩いて来ました。 先週の金峰山でお山に緊張気味の嫁さんを連れて行きました。 お花の写真を撮って、 名前も調べて、 判った時の感動は大きかったです。 「今回一番!」のお花です。 フデリンドウ。 天然のヤマブキはお花が一重…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士見平小屋

4月18日と19日に富士見平小屋をベースに 瑞牆山(2230m)と金峰山(2599m)に登ってきました。 中央高速を嫁さんが運転中、韮崎手前でパンク。 今思えば、危なかった。 JAFを呼んで、新品のタイヤを購入してもらい交換です。 時間がかかり、諦めかけていたんですが、 嫁さんが「行けると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

唐松岳

唐松岳。 2014年夏は病み上がりで、眩暈、立ち眩みの中登頂しました。 嫁さんの前をふらつきながら、 それでも頑張って、一歩一歩、 アルプスに登れることを証明するかのように歩きました。 2015年3月末、しっかりした足取りに努め、 雪の中を登頂。 厳冬期ではありません。 そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪の唐松岳ピストン

今季から雪山を始め、山の世界は大きく広がりました。 北横岳にはじまり、 縞枯山、 厳冬期の硫黄岳(夏沢鉱泉経由と赤岳鉱泉経由)に二回登頂。 そして3月28日(土)に、 今季最後の雪山のつもりで、八方尾根を唐松岳へ。 29日に登頂予定でしたが、どうも天気が良くなさそうなので 急遽、一日早めまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

基本動作

読図でも、たぶんロープワークでも コアになる基本動作と言うものがあって、 それを体に覚え込ませたら、 あとはその応用だと思います。 何が基本動作かを理解し、それを繰り返し、 早く体に覚え込ませることです。 「基本動作」なる言葉。 「基本理念」にもなり、「根本概念」にもなり、「軸」にもなる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

始めての草戸山・・・読図に開眼

去年、まだ随分登っていないルートが高尾山系にあることを知りました。 昨年10月には手始めに小下沢を登ってみました。(→ ) 昨日は、風邪で病み上りの身体と気持ちを押して、 『草戸山』に登ってきました。 面白いお山でしたね。 トレールランニングしても面白そうですよ。 もっとも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

測量野帳

コクヨ「測量野帳」を購入です。 一冊190円を切るんですよ。 ハードカバーでしっかりしていて、お山とか携帯するのにぴったしです! どう使おうか思案中です。 いくつかのタイプがあるんですが、 トラディショナルな「LEVEL BOOK」と「SKETCH BOOK」を購入しました。 撥水素材もあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤岳鉱泉経由硫黄岳

2月27日と28日、八ヶ岳連峰の硫黄岳に登ってきました。 本格的な雪山は今季これが最後だと思います。 最高の天気で 「冬山」と言うより「春山」と言った方がふさわし気象条件でした。 単独行で初めてのルート、しかも平日の人が少ない日。 不安でしたが、そこはお山。 一歩雪の中に足を踏み入れた瞬間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Mountain gear

今日、花の美術館からのウォーキングのゴールは、 ららぽーとの「好日山荘」となりました。 こんなにも近くに山道具屋さんがあったんですね。 先週、ネットでその存在を知りました。 65cmのピッケルを確信的に購入しました。 今度、使用報告を投稿します。 (実は、 本日次の山行計画を確定し赤岳鉱泉の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

硫黄岳2760mに登りました。

そこは、氷と岩と風の世界でした。 白とブルーのコントラスト。 バラクラバの上から容赦なく寒風が吹きつけます。 1月31日(土)に夏沢鉱泉に泊まり、 翌朝7:30にアイゼンとピッケルで出発。 オーレン小屋からは山頂にたなびく雪煙が見えました。 やっぱりお山です。 あそこまで行け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

縞枯山に行ってきました。

雪山に行きたかったのと 色々と装備を試したかったのとで行ってきました。 自宅を早朝4:00に愛車で出発し、茅野駅前に駐車。 バスにて北八ヶ岳ロープウェイ乗り場まで行き、 9:30のロープウェイに乗りました。 初めて来た雪山です。北横岳に登りました。 一月前ですね。(→)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食事のスタイル

食事のスタイルが最もライフスタイルに影響を与えると思います。 ぼくの食生活の基本は、 栄養のバランスをとって「腹八分目」です。 朝だけ、そしてたまに満腹感を覚えればいい。 あとは、塩分控えめと水分を一度に採り過ぎないことです。 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この一週間

この一週間もどっぷりと山の思いに浸っていました。 思いっきり浸ればいいと思います。 中途半端は良くない! 思いっきりやれば、他のことにも集中できま~~す。 申し込んでいた天狗岳のツアー中止の連絡があって、 結局すぐに硫黄岳のツアーに申し込みなおしました。 こちらは催行決定です。 また、も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブログとフェイスブックの両立

前々からフェイスブックに興味があって、 数週間前に思い切ってアカウント登録し、始めてみました。 機能として、その、コミュニケーション能力(双方向性)の高さの 虜になっています。 とくに、 同じ趣味や関心の「友達」との出会い、コミュニケーションは きわめて容易です。 ブログが色あせて見えま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

追加投資です。

今度の雪山はこれらが必要かなと考えています。 日影に入った時の寒さを思えば、 また、前回のパーティのウエアの観察結果から。 クリマエア ジャケット 軽量ながら高い保温性を持つクリマエア®を使用し、中間着として高いパフォーマンスを発揮するジャケットです。適度に体にフィットし、脇と袖口にストレッチ素材を配…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年の初登りは高尾山でした!

前ブログで、船橋→八王子のあずさ3号から投稿しましたが、 高尾山に登ってきました。 今日は富士山が綺麗で、 三連休の中日でかつ少し出だしが遅かったので人が一杯でした。 頂上広場では、コーヒーを沸かし、 わざわざ雲取山荘で買ったシェラカップに移し変え飲みました。 考えたら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

のんびり、高尾山です

今、あずさ3号です。 高尾山散策に行って来ます。 最近、フェイスブックにはまっていて、 このブログとどう整理するのか考えています。 ブログの特徴は匿名性ですかね。 当面、試行錯誤ですね。 それにしても、 昨夜ばたばたしていただけに、 今朝、高尾山に出発できて良かった! ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

登山靴「ヌバックレザー」の手入れ

ヌバックレザーの手入れ方法を質問したところ、 貴重なご意見をいっぱい頂きました。 革の処理の仕方が昔とは違い、繊維全体が表面から奥まで シリコン系の撥水剤でコーティングされているため、 基本的にはオイルを塗る必要は無いようです。 また、 コロニルの『ヌバックスプレー』は 保革…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【冬山の基本③】そして涙が溢れること

燕山荘HP『冬季燕岳を目指す方へ』からの引用です。 1..汗をかかない程、ゆっくり登る。   ・ 3.カロリーのある行動食をこまめにとる。    ・    ・ 7.ツアー登山でも自己責任が基本となります。 納得感がありますし、身に沁み入ります。 特に1は、夏、燕山荘に泊まった時にも、 赤沼さんが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年末年始は「山三昧」の日々でした。

年末年始の休暇もあと一日となりました。 今夜はお休み最後の夜です。 昼寝もしたことですし、ブログを投稿します。 この休みは本当に「山三昧」の日々でした。 年末の27日、28日は山道具の整理整頓を行い、 29日は30日~31日の雲取山山行の準備です。 新年は、2日にICI石井スポーツ登山本店…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★ 雲取山で感じた【冬山の基本②】

雲取山で感じた冬山の基本です。 常に乾いた暖かさを維持することです。 それには、汗をかかないことと、かいた汗を素早く乾燥させることが重要です。 汗をかかない程度、寒さを感じない程度の薄着と登行ペース(「少し暖かいな」程度の快適さの追求)を行動の基本としつつ、体温の変化と気象状況の変化に素早く対応し、ウエアの着脱を早…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MONOへの愛着

ぼくは、 やはり 道具やMONOが好きですね。 昨日、お山から帰宅後、 全く絵心の無いぼくが、 お絵描きグッヅを購入しました。 今日は、お山の道具の後片付けです。 靴は紐を外し、中敷きも濡れ雑巾で拭いて、 天日干しです。 Jasper です。 今回はこの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015年 年賀

メイン・・・北八ヶ岳・北横岳(12月 お昼ごろ) 左下・・・雲取山山頂(11月 夜明け) 右中ほど・・・燕岳(9月 午後)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2014年の登り納め 『雲取山』

2014年 12月30日(昨日)と31日(今日) 雲取山に登ってきました。 ひと月前の11月22日と23日に登ってから、(→) 約一か月ぶり、二回目の雲取山です。 雪を期待しての山行です。 前回は三峯神社から登りましたが、 今回は鴨沢からの登行です。 初…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北横岳 (備忘録 【冬山の基本①】)

雪山の基本のいくつか。 基本は、装備をちゃんと整えて、体のどの部分も濡れないこと濡らさないことです。 いいグローブが必要で、山ではインナーと手を絶対に濡らさないこと。万が一、濡れることも想定して、インナーの予備を用意しておくこと。(素手になることは厳禁とのこと。) リュックの雨蓋を開ける時は細心の注意を。中が濡れま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山道具の整理整頓(第二弾)

約一週間前(→)に引き続いて、 お山道具の整理整頓をしました。 前回整理したこともあって、 不要なものは殆ど無かったのですが、 収納棚や収納BOXをホームセンターで購入し、 整頓の実行です。 冬道具・ウエアや便利小物が急速に増えてきたので、 しっかり整頓です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北横岳(つづき)

行ってみないと分からないことがあります。 身をもって学んで来ました。 2000m超えの冬山は初めてだったので テクニカルには、本当にいろんなことを学びました。 また、ブログに投稿したいと思います。 そんな中で、思ったのは、 ぼくは、『躊躇ない一瞬の判断をしている。』こと。 今回は誇っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北横岳

昨日、北八ヶ岳の北横岳に登ってきました。 アルパインツアーの『雪山入門』講習会への参加です。 総勢23名を3班に分け、 ツアーリーダーに従っての雪山登山です。 ぼくにとっては、初めての2000m越えの本格雪山登山です。 現地に到着する直前のバスの中で ぼくは独りで随分緊張していました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more